メンバーズカードの作成で固定客の獲得

店舗経営の場合、業種を問わず課題となるのは、固定客の確保です。
一時的な注目や集客、売り上げがあったとしても、それが恒常的に続かなければ意味がありません。
飽きられない工夫とまた来たくなる工夫の両方が必要なのです。

まず、飽きられない工夫はについては、品揃えや店舗の飾りつけ、時期を逸することのないセールなど、各種の方法があります。
しかし、もっとも多く取られる手法であるセールは、一過性の集客しか生まず、固定客の確保にはつながりません。

そこで固定客の確保に有効な手法の一つがメンバーズカードの発行と、来店に伴う特典の設定です。
消費者は、お得感を求めて行動するものであり、お得感が常時継続していると感じることができれば、その消費者は、該当の店舗に継続的に来店する可能性が高くなります。

メンバーズカードの発行と併せて、来店ポイントの付与や商品購入特典を付帯させればお得感は高まり、来店することそのものを習慣、あるいはお得と感じる消費者が増えます。
こうして来店する消費者に訴えかける商品ラインナップ、セールなどを実施すれば固定客は、確実に増え店舗経営は軌道に乗るものと考えます。

一方で、発行と併せた特典付与のアイディアが沸かないという場合も少なくありません。
これについては多くの店舗で、商品購入時の一定額をポイントとして付与し、次回以降の購入時に当該金額を金銭に相当するものとして、商品代金として差し引く手法をとっていますが、購入金額に比して割引となる額がそれほど高くはないため、お得感が高くなく、また類似の特典付与を行う店も多いため差異化もできないため、これからのメンバーズカードのあり方としては、あまり効果的ではありません。

これまでにない特典付与の形が求められる時代に来ていると思われます。
では、今後固定客の確保に?がると思われる得点付与のあり方とはどのようなものがあるでしょうか。

一点目は、来店によるポイントの加算です。
前述のとお、多くの店舗では商品購入によるポイント付与を行っていますが、これでは商品を購入しない限りポイント付与されず、特定時期に購買意欲を掻き立てる商品に出会わなかった消費者は店舗に来なくなる可能性があります。こうした行動を防止するため、来店した時点でそれほど高額ではなくてもポイントを付与することが効果的です。

次にインターネットとの連携です。
スマートフォンの普及により、消費者のほとんどはインターネットを利用しています。
これを活用し、店舗のページにアクセスすることでポイントを付与するシステムとするのです。
来店せずWBの閲覧だけでポイントが付与されることは大変に魅力的です。